ケールの特徴と栄養素

ケールはあまり一般的に食べる野菜ではありませんが、健康食品などに使われる人気の野菜です。
キャベツの原種であるケールにはベータカロチンが多く含まれているために、抗ガン作用がとても高いことが特徴です。

ベータカロチンはブロッコリーの約8倍も含まれていることから、とても注目されている野菜の一つです。
ケールはジュースやスムージーといったドリンクにタイプにすると、体にも栄養が吸収されやすく、とても効果的です。
そしてケールの食物繊維はごぼうの約3倍も含まれていますので、便秘の解消や、血糖値の改善など、健康面では色々と効果のある野菜です。

ビタミンやカルシウムをバランスよく含んでいますが、そのまま食べると苦味があり、あまり美味しい野菜ではありませんが、果物や他の野菜と合わせてジュースにすると飲みやすくなります。
この独特の苦味成分には抗酸化作用があり、抗ガン効果にもつながります。

体の細胞の老化を防ぐために、疲労回復や美容面でも効果的です。
特に肌に良いビタミンCは、他の野菜に比べても量が多く含まれているために、免疫力をアップする働きにも優れています。

風邪の予防にもなりますね。ケールの栄養分は、加熱しても減少しないことがメリットです。

炒めて食べても、生で食べても効果は劣りません。
健康のことを考えて、バランスのとれた栄養価のあるケールはぜひ心がけて食べたい野菜のひとつです。健康を維持して、様々な病気の予防をするためにもとても効果的な野菜です。